女性が年収を増やすためには

女性の社会進出が当たり前となり、男性並みの年収を手に入れる女性も多くなりました。しかし、女性が年収を増やすためには、それなりの拘束を伴うことが多いです。

独身で実家暮らしなら、家事は親がやってくれることも多いので、残業やミーティング、仕事に関する勉強の時間などを確保しやすいです。しかし一人暮らしや既婚者は、仕事から疲れて帰宅した後も、休む暇なく料理や洗濯、掃除などの家事をこなさなければなりません。さらに子供がいる場合は、遊び相手をしたり宿題をみたりする時間も必要になるので、なかなか残業や勉強に時間を割くことができなくなります。かといって無理をして睡眠時間を削ると、疲れが翌日にも残り、肝心の仕事自体に身が入らないおそれもあります。

このような時は、何でも1人でこなそうとせず、家族に協力してもらうことが大切です。自分は家事担当、夫は育児担当というように分担を決めたり、子供が小学生ぐらいならば、お風呂掃除などのお手伝いをしてもらったりしましょう。

社内では、他の人に教えるよりも、自分でやったほうが早いという思いからこなしていた仕事を、少しずつでもいいので同僚や後輩に教えていくようにしましょう。管理職に就いている人というのは、この「教育する」という能力に長けている人が多いです。教育することによって社内全体のスキルも上がるし、自分が知識を深めたいと思っている分野の勉強をする時間も確保することができるのです。将来管理職に就くことができれば、今よりも年収が増える可能性は高くなります。

Comments are closed.