30代の女性の平均年収について

日本の社会人では、30代の男性の平均年収は450万円前後と言われており、女性は300万円前後というデータがあります。男性にとっては年収500万円は平均的な数値となりますが、女性にとっては少数派です。

女性は30代になっても300万円前後の収入であることが多く、フルタイムで勤務している人の平均月収は30万円弱が平均です。収入のデータでは全て正規社員の数値というわけではなく、パートタイムも含まれています。1000人以上の従業員を雇用している企業に勤めている正社員では、1か月の給与は27~30万円となります。同年代の男性と比較すると20%程度低い収入となりますが、パートタイムとして勤務している人と比べると高い水準を保っています。大手企業に勤務している人であれば、ボーナスの支給も加わるために30代後半であれば500万円の収入を得ることも夢ではありません。

同じ企業に長年にわたって勤務して昇給を目指すことの他に、専門技術を持っている人材であればキャリアアップのために転職することも、収入を増やす1つの手段になります。人生設計を行うにあたって、子どもが生まれたときには子育てに時間がかかることになりますし、教育資金も必要になってきます。

一定の収入を確保できる将来の設計をしておくことが重要で、マイホームの購入や病気になったときの対応なども考えて、給料が上がる環境を探すことが大切になります。夫婦共働きの環境で、1年の収入が500万円あれば安定して将来の設計ができます。会社に勤めることだけが年収アップの方法ではありませんので、自分に向いた年収アップの仕方を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

Comments are closed.