女性の生活と年収

女性は自分の年収に満足していないことが多いです。自分が果たしている責任と支給される給料にズレがあるため不満を覚える人が少なからずいます。一方で収入は低くても現在就いている仕事の内容に満足している人は積極的に転職しようとは考えない傾向があります。

年収700万円以上と割と高収入の女性でも家賃が地域内で低い地域に住んで貯蓄に励む傾向があります。人によっては20代でマンションやアパートを購入して、収入のうち3割ほどはローンの返済に充てている人達も一定数います。一方で高い年収の人のなかには実家で暮らしていて収入の殆どを遊びとか習い事に費やす人達もいます。

800万円以上稼ぐ人達のなかには賃貸物件で暮らして毎月15万円以上を貯蓄に回す女性がいますが、収入が高い人達は専門職に就いている人も多いです。女の国家公務員の場合は平均すると年間収入は500万円位です。因みに、収入が高い人のなかには会社員として働いている人もいますが、フリーランスで仕事をしている人も目立っています。職種別でみるとシステムエンジニアやプロジェクトマネージャー・特許事務所等で働く弁理士に加えて薬剤師等の職業に就いている人も収入が多いです。

といっても、収入が多い人ばかりが将来を見据えて貯蓄ばかりしているというわけではなく、事務スタッフ等年間300万円以下の収入しかない人達であっても賢く定期預金をしたり社債を購入したりして運用しています。年収を上げるか現在の給料で貯蓄の仕方を考えるかは人それぞれ向き不向きがあるとは思いますが、もし年収アップも視野に入れたいのなら方法は1つだけではないということは知っておいた方が良いでしょう。

Comments are closed.