どの程度女性が稼いでいるのか

女性のなかには会社から支給される給料以外にも、例えば不動産投資を行ってそこから得られる収入で300万円から600万円ほど稼いでいるケースが見受けられます。なので必ずしも仕事ができるキャリアウーマンだけが年収1000万円近い金額を稼いでいる、というわけではないのです。

他にはITプロジェクトのチームリーダーを務めている女の人で年収1000万円を超えているケースもありますが、その人は業界特有のデスマーチに巻き込まれず、かつ深夜までの残業もほとんど経験することなくそれだけの収入があります。業界特有の長時間労働に巻き込まれることなく、楽しみながら仕事をすることによって高い年収を稼げている稀な事例でしょう。本人にしてみれば多くの収入を得ることに躍起になるのではなく自然とモチベーションが向上するような環境で働く機会に恵まれたことが大きいです。

3つ目のケースは、女性の医者が30代後半で900万円稼いでいる、というものです。結婚をして育児の最中なのでほとんど残業することなく帰宅できています。独身の時には長時間勤務をすることが珍しくないうえに休日出勤もあったのですが、現在ではそういった状況からは解放されています。4つ目は日本の生命保険会社からアメリカの金融機関に転職した人でバックオフィス業務ながら30歳を前にして手取りで年間1200万円稼いだ、という女性がいます。英語が流暢といったわけで無いにもかかわらず経験が買われて高収入を手に入れることに成功したのでしょう。

このように様々な環境下で年収を上げている人がいます。どうすれば自分は年収が上がるのだろう?どのような高収入な仕事ならできるだろう?と考える情報を得るためにもまず、<<働く女性の年収リサーチ>>といった、女性の年収関連サイトにも注目してみてください。

Comments are closed.